デイサービスちえの施設を利用した

宿泊サービスに関する重要事項説明書

 

当事業所は、ご契約いただいた利用者に対して宿泊サービスを提供します。ご利用開始にあたり、宿泊サービスの概要を次のとおり説明します。

 

一.事業者

名 称

合同会社みょうらくケアサービス

所在地

〒709—3604 岡山県久米郡久米南町南庄3161番地

電話番号

086—728—4532

代表者氏名

代表社員 明楽 洋子

設立年月

平成22年4月5日

二.事業所

事業所の種類

通所介護事業所の施設を利用した宿泊サービス

事業の目的

合同会社みょうらくケアサービスが開設している指定地域密着型通所介護施設デイサービスちえの施設を利用した介護保険外の宿泊サービス(宿泊、介助、食事提供等)(なお、このサービスを以下では「宿泊サービス」と略記する。)を、通所介護の業務に支障が生じない範囲で、利用者に対して適正に提供することを目的とする。

事業所の名称

デイサービスちえ 

事業所の所在地

〒709—3604

岡山県久米郡久米南町南庄3161番地

電話番号

086—728—4532

(携帯電話)090−7501−7317

FAX番号

086—728—4533

運営の方針

1 当該宿泊サービス事業者は、利用者が可能な限り居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことを前提として、本人または家族のやむを得ない都合によって、緊急的または短期的な場合に限り介護保険外の宿泊サービスを提供する。

2 宿泊サービス事業の従業者は、利用者の心身の状況に応じ、利用者の自立支援と日常生活の充実に資するよう、適切な技術をもって行う。

3 宿泊サービスの実施にあたっては、指定居宅介護支援事業所をはじめ、関係市町村及び地域の保健・医療・福祉サービスと綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。

4 事業所は、自らその提供する宿泊サービスの質の評価を行い、常にその改善を図るものとする。

サービス内容

1 必要に応じたバイタルチェック

2 日常生活上の世話 宿泊サービス時間を通じて、日常生活動作能力に応じた必要な支援を行う。排泄の誘導・介助、移乗・移動の見守り・介助等その他の必要な身体の介助、心理的なサポートなど。

3 食事提供 栄養並びに利用者の身体的状況及び嗜好を考慮し食事を提供する。又、自力で食事を摂ることが困難な利用者には、食事介助を行う。

4 入浴介助 やむを得ない場合には、宿泊サービスとして入浴の介助等を行う。

5 相談、助言に関すること 利用者及びその家族の日常生活における介助等に関する相談及び助言を行う。

6 その他利用者に対する便宜の提供

サービスの対象者及び通常の実施地域

1 通常の宿泊サービスの対象者はデイサービスちえにおける通所介護サービスの利用者とする。

2 やむを得ない場合には、上記の対象者以外の者に対しても、介護支援専門員、関係市町村等からの要請により宿泊サービスを実施する場合がある。

3 通常の実施地域は久米南町内とするが、やむを得ない場合には、近隣市町村からも受け入れる場合がある。

三.営業時間

営業日

年中無休

営業時間および利用時間

17:00~翌朝8:00

四.事業所の職員体制

当事業所では、利用者に対して宿泊サービスを提供する職員として、下記の職種の職員を配置しています。

職 種

人 数

管理者

1名

介護職員又は看護職員

1名以上

五.宿泊サービス利用料金                         

  

① 宿泊費 1泊1500円(光熱冷暖房費、洗濯代などの雑費込み)。

② 夕食代 1食300円。

③ 朝食代 1食200円。

④ おむつ代、パット代、その他利用者が負担すべき消耗品等は実費。

⑤ 入浴代 1回500円。(入浴とは脱衣して浴室にて身体の一部又は全部の洗身を行う場合も含む。)

支払い額の上限規程 1ヶ月間の宿泊費合計が3万円を超える場合は、支払い額は3万円とする。当デイサービス利用者の場合は、当デイの施設内における介護保険サービスの利用料金と介護保険外サービスの利用料金の合計が6万円を超えるばあいは、利用者負担の上限額を6万円とします。国民年金だけで生活している方でも安心してご利用になれなす。

 

六.サービス利用に関する留意事項

1 宿泊サービス職員は、サービス提供にあたって、次に該当する行為は行いません。

利用者もしくはご家族等の金銭、預貯金通帳、証書、書類等の預かり

  利用者もしくはその家族等からの金銭又は物品、飲食の授受

契約者の家族等に対するサービスの提供

  身体拘束その他利用者の行動を制限する行為(利用者又は第三者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除く)

  その他利用者もしくはその家族等に対して行う宗教活動、政治活動、営利活動及びその他迷惑行為

2 感染症予防の観点から、利用に当たり医師による感染症治癒の診断をお願いする場合があります。また、必要な予防的措置(手洗い、消毒、マスク着用、入室制限など)にはご協力ください。

 

七.宿泊サービス実施の記録、利用者個人情報について

1 宿泊サービス実施記録の確認

本事業所では、宿泊サービス実施計画書に基づき、宿泊サービスを実施します。サービス提供ごとに、実施日時及び実施したサービス内容などを記録し、契約者にその内容のご確認をいただきます。内容に、間違いやご意見があればいつでもお申し出ください。なお、宿泊サービス実施計画及びサービス提供ごとの記録は、サービス提供日より2年間保存します。

2 利用者の記録や情報の管理、開示、提供について

本事業所では、関係法令に基づいて、利用者の記録や情報を適切に管理し、契約者の求めに応じてその内容を開示します。またサービス担当者会議等において、予め利用者の同意を得た上で利用者に関する個人情報を各サービス事業者に提供することがあります。

 

八.秘密保持について

宿泊サービスの職員は、雇用契約時に“守秘義務に関する誓約書”を交わしており、業務上知り得た秘密を保持しなければならないこと、また職を退いた後も同様に秘密を守ることが義務付けられています。

九.損害賠償保険への加入

本事業者は、下記の損害賠償保険に加入しています。

    保険契約者  公益財団法人介護労働安全センター

    保険名    居宅介護事業者賠償責任保険    

十.事故発生時の対応

 ・迅速な事故処理をします。

 ・利用者のご家族、介護支援専門員、市町村等に連絡をします。

 ・損害賠償の責めを負う必要があるときは速やかに応じます。

 ・事故の状況及び事故に際してとった処置について記録し、再発防止策を講じます。

 ・宿泊サービス提供時間以外の事故については一切の責任を負いかねます。

十一.苦情処理体制について

1 宿泊サービスに対する苦情やご意見、利用料のお支払いや手続きなどサービス利用に関するご相談、利用者の記録等情報開示の請求は、以下の専用窓口で受け付けます。

  ○デイサービスちえ 宿泊サービス 苦情受付窓口

   ・受付時間    9:00〜22:00

   ・電話番号    086—728−4532

   ・携帯電話番号  090−7501−7317

   ・苦情処理責任者  明楽 誠(みょうらく まこと)

  ○緊急受付     法人事務局 

            電話番号:086—728−4532

            (営業時間外は携帯電話に自動転送してお受けします。)

  ○市町村苦情受付  久米南町 保険福祉課 

            電話番号:086—728−4411

2 円滑かつ迅速に苦情処理を行うための処理体制・手順

 原則、苦情受付後は迅速(24時間以内)に苦情に対するご返答を、苦情処理責任者から直接連絡をさせていただきます。なお、苦情解決のために時間を要する場合には、あらかじめご返答の時期について連絡をさせていただきます。

3 苦情記録を保存し、再発防止に努めます。