当事業所は平成28年4月から地域密着型通所介護事業になったので、概ね年に2回の運営推進会議を開催することが求められています。

 

以下に、開催した運営推進会議の概要を掲載します。

◯◯◯平成31年4月22日(水)午後3時から4時 デイサービスちえ機能訓練室にて

 

◯◯参加者

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者、家族

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

金安典洋(久米南町保健福祉課)

平井 博子(久米南町保健福祉課)

地域密着型通所介護について知見を有する者

美甘啓子(イーエスサウスヒルズ、ケアマネ)

デイサービスちえの出席者

明楽 誠(デイサービスちえ管理者、生活相談員)

矢木 智子(生活相談員)

岸本 美智子(介護職員)

山本 優輝子(介護職員)

井口 澄子(介護職員)

 

2 デイサービスちえの活動状況

(事業所の職員体制)(H31.4.1現在)

常勤職員:4

非常勤職員:7

職 種

人 数

職 種

人 数

管理者

1名

介護職員(兼務込み)

6

生活相談員(兼務込み)

5

看護職員・機能訓練指導員(兼務込み)

1

調理員(兼務込み)

5

 

 

  平成309月に非常勤の生活相談員と調理員を採用。

  平成3010月に非常勤の介護職員を採用。

  平成311月に非常勤の介護職員を常勤としてを採用。

  平成311月末に常勤の生活相談員が退職。

  平成314月に非常勤の生活相談員を常勤として採用。

 

 

現在の利用状況

デイの稼働状況・介護度(定員8名)

 

利用者数

8

8

8

8

8

8

8

介護1

 

1午前

 

 

1午前

 

 

介護2

3

3

3

3

3

3

3

介護3

3

3

3

3

3

3

3

介護4

2

2

2

2

2

2

2

介護5

0

0

0

0

0

0

0

空き状況

0

0

0

0

0

0

0

  昨年10月以降の利用者の推移

3011月 要介護3女性→特養入所

3012月 要介護1女性、利用開始

311月 要介護5男性、入院中に死去

311月 要介護5女性、施設内で死去(福渡病院と連携したターミナルケアを実施)

312月 要介護2女性、要介護2女性、要介護3女性が利用開始。

  デイの利用者は10名。内、3名が通所。

 

デイへの宿泊状況(定員4名)

 

利用者数

3

3

3

3

3

3

3

介護度

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

3

 

3

 

3

 

3

 

3

 

3

 

3

 

空き状況

(緊急時に限る)

1

1

1

1

1

1

1

  明楽家には4名が宿泊している。(要介護21名、要介護32名、要介護4が1名)

 

(設備)

  平成31年度にデイ施設内にスプリンクラーを設置する準備を進めていたが、31年になり利用者が入れ替わり、スプリンクラー設置は当分延期することとした。

  法令では宿泊者の過半数が要介護3以上の場合にはスプリンクラー設置が義務づけられているが、デイ内の宿泊は「過半数が要介護3以上」の状態にならないよに配慮していく。

(防災訓練)

平成31325日 消防署からの指導もお願いして実施。

1 避難先の確保、天候による利用者への配慮、避難手順の不備などの指摘を受け、改善が求められた。

 

(交流)

平成3149日 お花見と神目保育園児との交流を実施。

 

(デイサービスちえの今後)

  要介護12で在宅生活が難しい人、特養やグループホームには金銭的理由や本人意思により入所を望まない人などを中心に受け入れていく。

 

 

3 当デイサービスの活動に対する評価、要望、助言等

 

◯評価

(家族)ここで1年半くらいおせわになっている。ここはアットホームで、家族的で、本人もよそには行きたくないと言っている。今年には体調を崩して入院して、退院時には認知症が進み、口から食事もほとんど入らない状況になり、もう駄目かと覚悟をしていたが、ちえに戻り、しっかりケアしていただき、元気を回復できた。ここに戻らなければもう亡くなっていたのではないかと思います。

(利用者)ここは、とても親切で満足しています。

(利用者)いいようにしてもらえて嬉しいです。食事も美味しいです。私は死ぬまでここにいたいです。

(青木)おばがお世話になっています。夫は亡くなりましたが、ここが居心地がいいと言っています。地区内には別の方も毎日お世話になっていますが、帰るときには好きなお酒も持たせてもらえると、喜んでいます。

(美甘)ちえさんでは、介護保険サービスと宿泊サービスを合わせて1ヶ月6万円で生活できると聞いて驚きました。とくに要介護1や2の方の居場所が無くなっているいま、ちえさんのうよなサービスがあると、本当に助かります。

 

◯要望・助言

(金安)交際訓練は行われているようですが、現在は、想定外の様々な天災の発生が発生しています。ちえさんの方でも、そうした天災への平素からの備えをよろしくお願いします。現在、役場ではインフルエンザの感染者が出ています。感染予防の方も注意をお願いします。

また、今年は実地指導も予定しています。

 

◯◯◯平成30年9月12日(水曜)午後2:30から3:30 場所:デイサービスちえ機能訓練室

 ◯◯参加者

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者(若干名)

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

金安典洋(久米南町保健福祉課)

小藤寿美(久米南町保健福祉課)

地域密着型通所介護について知見を有する者

小坂 亨(デイサービスセンターしえん管理者)

デイサービスちえの出席者

明楽 誠(デイサービスちえ管理者、生活相談員)

岡 幸代(生活相談員)

岸本 美智子(介護職員)

 

(評価)

・「ちえ」さんはよく頑張っている。私の施設も特別な加算が付くような訓練等は行っておらず、従来から「預り」を中心にサービスを行っている。今の介護報酬では若い人を雇うのは難しく、他の職場を定年となった高齢者が主な働き手となっている。

・ここは、居心地がとてもいいです。

・多の施設では受け入れてもらえない夫婦を受け入れてくださり、ありがたい。

・難しいケースも受け入れてもらっている。

(助言等)

7月豪雨のような場合、久米南町はイーエスサウスヒルズ、三清荘、和楽、旭水荘を福祉避難所に指定しているので、今後、必要な場合は利用してください。

 

◯◯◯平成30年3月9日(金曜)午後2:00から2:30 場所:デイサービスちえ機能訓練室

◯◯参加者

(敬称略)

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者(若干名)

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

金安典洋(久米南町保健福祉課)

小藤寿美(久米南町保健福祉課)

地域密着型通所介護について知見を有する者

池本 大二(特別養護老人ホーム イーエスサウスヒルズ 施設長)

式見 佳子(福渡病院 地域医療連携室 医療ソーシャルワーカー)

デイサービスちえの出席者

明楽 誠(デイサービスちえ管理者、生活相談員)

北井 志保(生活相談員、介護職員)

山口 ひろ美(調理員、介護職員)

○評価・要望・助言等

  国民年金だけの人でも安心して利用できる。

  小規模多機能型が久米南町にはないが、じっさいには「ちえさん」がその代わりを果たしてくれている。

  料理がおいしい。

  アットホームな感じで利用者が笑顔で過ごすことができている。

  感染症には予防のほか、初期対応が大切。しかし、感染力の強いノロウイルスやインフルエンザの場合は、うまく行かなくて失敗することも多いのが実際のところ。

  腸内耐性菌に関しては感染力が弱いから、利用者を必要以上に区別して接するのは好ましくない。

 

◯◯◯平成29年9月11日(月曜)午後2:00から2:30 場所:デイサービスちえ機能訓練室

◯◯参加者

会議の構成員

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者(3名)

松山 茂(利用者家族)

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

金安典洋(久米南町保健福祉課)

小藤寿美(久米南町保健福祉課)

地域密着型通所介護について知見を有する者

竹内 勢至(ケアプランセンターもみじ)

デイサービスちえからの出席者

明楽 誠(デイサービスちえ管理者、生活相談員)

北井 志保(介護職員、生活相談員) 

 ◯当事業所への評価、要望、助言等

(評価)

 

  急なお願いにも柔軟に対応してもらえる。

  家族的な感じが良い。

  認知症で徘徊のあった老夫婦を受け入れてくださり、助かっている。

  職員と利用者の距離が近い。

  職員とのコミュニケーションがしっかり取れてよい。

  久米南町には小規模多機能が無いので、ちえさんはその代わりをしてくださり、助かっている。

以上

◯◯◯平成29年3月7日(火曜)午後1:30から2:30 場所:みょうらく事務所会議室

◯◯参加者

会議の構成員

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者(1名)

松山 茂(利用者家族)    

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

金安典洋(久米南町保健福祉課)

小藤寿美(久米南町保健福祉課)    

地域密着型通所介護について知見を有する者

安東修子(社協ケアマネ)    

デイサービスちえからの出席者

石部 恵美子(デイサービスちえ管理者)

明楽 誠(生活相談員、宿泊サービス管理者)    

◯当事業所への評価、要望、助言等

(評価)

・介護難民や緊急事態が発生した人を受け入れてくれる、町にはなくてはならない施設。

  介護保険だけでは対処できない人や、どこに相談したらいいのか分からないときも、ちえさんに相談すると、どんな事例でも断らずに受けてもらえて助かっている。

  母の認知症が進んで、家にいると寝るばかりで動かないでいたが、ちえさんに来るようになって、元気になり良い結果がでている。無理もお願いできて家族は助かっている。

  ちえさんでは、利用者さんへの心のケアもしっかり出来ていて、下を向いて黙っているような人がいない。

(要望)

・災害発生時などの非常事態の際の対応について、施設内で確認をお願いしたい。

  インフルエンザやノロへの対策も、今後もしっかりやっていただきたい。「こまったときにはちえさん」というのが職員の合言葉になっている。

 

(助言等)特になし

                                以上    

 

◯◯◯平成28年7月27日(水曜)午後1:30から2:30 場所:デイの機能訓練室

◯◯参加者

会議の構成員

構成区分

出席者(敬称略)

利用者および利用者の家族

利用者(3名)

松山 茂(利用者家族)

地域住民の代表

青木 厚子(民生委員女性副会長)

市町村または包括支援センターの職員

森尾壮一(久米南町保健福祉課課長)

小藤寿美(久米南町保健福祉課主任)

地域密着型通所介護について知見を有する者

小坂 亨(デイサービスセンターしえん管理者)

デイサービスちえからの出席者

石部 恵美子(デイサービスちえ管理者)

明楽 誠(生活相談員、宿泊サービス管理者)

佐々木 美香(介護職員)

岡 幸代(介護職員)    

 

◯当事業所への評価、要望、助言等

(評価)

・介護保険外のお泊りや生活支援をしていて、介護保険サービスの隙間を埋めてくださるので、助かっています。

・家から近いところにあり、利用者の中に近所の知り合いもいて、家族的雰囲気のあるデイ。

(要望)

別になし

(助言等)

地域の方や保育園児との交流を行ってみてはどうか。

                                以上